秋の鉄観音 9


北風がくる前、寒気と空気中の乾燥度が足りず、それ故、茶のために人工的な環境を創りあげます。
そのその人工環境を作るために持ち入れられる道具はクーラです。

夏茶の芽が生長させずに切り捨てて、秋の芽は本番より少々早め出芽ができます。
早めに製茶ができ、早めに市に出まわすことができます。
 このようなお茶は消費市場の中で市場調節の役割を担当しています。