碧螺春の産地6


碧螺春の茶樹も接ぎ木法を使用しています。

発芽が悪い生産量が少ない、発芽が遅い老茶樹を根部に近いところまで切って比較的に発芽と綺麗な芽を取れる茶樹を接ぎ木にして上手く茶畑を管理しています。さすがに果物の産地です。
ここの接ぎ木法も鳳凰山の接ぎ木法と異なっています。また別のページで茶樹の接ぎ木を説明します。