碧螺春の産地18


その精選した後の葉で作った茶です。
このような茶は副茶と言います。
このお茶を好んで飲む人もいます。
後半のお茶と比べたら、このお茶の方が繊細な味がします。
しかし、見た目がよくないので、商品として販売できません。
農家の人が自分で飲むか人にあげるかしています。