中国茶・茶葉料理

茶葉料理は体に優しいです。

塩以外の調味料を使用せずに食材本来持つ美味しさを楽しめます。

お茶は食材の持つ味を阻害せずに、全体としての風味を強める素質を持っています。
その特徴を利用して、食材が本来持つ旨味を生かし、微量の塩だけでも食材を美味しく食べれます。
さらに茶を持つ分解酵素の力で食材(特に肉類の食材)を柔らかくさせ、消化しやすくなります。

長年間、試行錯誤の繰り返した結果によると茶葉は食材との間に相性ということがあるようです。
例えば、龍井茶は鶏と相性が一番よい、碧螺春茶は魚と相性がよく、黄山毛峰が蝦と絶好状、廬山雲霧茶が牛肉に、毛蟹茶と薔薇花が羊肉にピッタし、鉄観音茶は豚肉ととても関係がいいです。

これから、少しずつ紹介させていただきます。