中国茶・茶葉料理・龍井鶏 1


アルミ皿に均一の塩をふりかけます。

写真に使用している塩は一番手に入れやすい「食卓塩」をしようしております。

塩メーカによって塩のからみが異なるので、使い慣れている塩をお薦めします。
お茶の効果による、塩の塩味を強く感じるので、日常に使っている量より、やや少なめにお薦めします。

「伯方塩」味覚感じは「食卓塩」よりからく感じますので、写真中のお皿にかけている塩より少なめにお薦めします。

「岩塩」を使用する方は「伯方塩」の量より、控えめにしてください。辛すぎる可能性があります。

塩味感覚は個人差がありますので、お薦めした量を参考にして、個人の好みにあわせて調節してください。

市販食塩の品質に関しては
http://www.shiojigyo.com/a080data/img/data06_01.pdf
に参考してください。
家庭用塩の消費実態に関する調査は
http://www.shiojigyo.com/a080data/img/kateiyouenncyousaH17.pdf
に参考してください