中国茶・茶葉料理

茶葉料理は体に優しいです。 塩以外の調味料を使用せずに食材本来持つ美味しさを楽しめます。 お茶は食材の持つ味を阻害せずに、全体としての風味を強める素質を持っています。 その特徴を利用して、食材が本来持つ旨味を生かし、微量 […]

茶樹の新芽 8

以上のものは2007年7月、昭和女子大生活機構科に提出した修士論文内容を引用したものです。 WEBの使用能力が限られています。 表の作り方が分らないです。参考までに 1999年〜2007年、筆者が観察した中国代表する5種 […]

龍井茶と碧螺春

「なぜ、龍井茶は飲み終わった後、ムシャムシャ食べられるのに、 ぴーちゃんは、歯ごたえがありすぎて食べるキになれないのか?」 返答:について、個人差がありますから、すご答えができないです。 「龍井、東山の産地の方々は、どの […]

碧螺春の産地18

その精選した後の葉で作った茶です。 このような茶は副茶と言います。 このお茶を好んで飲む人もいます。 後半のお茶と比べたら、このお茶の方が繊細な味がします。 しかし、見た目がよくないので、商品として販売できません。 農家 […]

碧螺春の産地6

碧螺春の茶樹も接ぎ木法を使用しています。 発芽が悪い生産量が少ない、発芽が遅い老茶樹を根部に近いところまで切って比較的に発芽と綺麗な芽を取れる茶樹を接ぎ木にして上手く茶畑を管理しています。さすがに果物の産地です。 ここの […]

碧螺春の産地5

碧螺春の茶樹の根部です この茶樹の所有者の話に基づくと爺ちゃんの植えた茶樹ではなく、若い時からとくにあった茶樹です。 この茶樹の所有者は今年40歳すぎています。20年ずつ加算して行くとこの茶樹は少なくとも80年になってい […]

碧螺春の産地3

光に照らされてきらきらとする新芽です。 注意してみると芽の大きさが揃えています。 このように自然で揃えられる年になると農家にとって、大量の収穫より、嬉しいことです。 何故ならば、 茶樹の上に摘みやすいです。 精選する時に […]

碧螺春の産地1

3月の末に入ると碧螺春茶が大量に摘み始めています。 どちらの農家もおお忙しくなります。 この地方では、茶葉摘みは日の出と共に茶葉摘み開始します。 大抵、家族総動員で茶葉を摘んでいます。 親方も一緒に茶葉摘みに出かけます。 […]

碧螺春の老茶樹

この茶樹の樹年は不明です。 茶樹の根元に一番太い幹の直径は約6〜7cmです。 コメント 投稿者 Kasin : 2007年03月28日 11:07 雨花台の変化は寂しいですね。 願わくば、こちらの老茶樹が寿命を全うできま […]

東山の雨花台

この何年間(約3〜4年間)にできった壁 壁ができた後、収金になりました。入園料は30元です。 中で、雨花禅寺がありまして、そこで、お茶とそうめんを食べることができます。 残念ながら,この十年間調べたところに、このこの辺り […]